岸優太のTOBE合流はいつ?10月15日?合流しない説もあるけど本当?

当ページのリンクには広告が含まれています。

2023年9月末でジャニーズ事務所を退所した元キンプリの岸優太さん。

X(旧Twitter)でも滝沢秀明さんの会社「TOBEに合流確定!」などと話題になっています。

そこでこの記事では、岸優太さんが本当にTOBEに合流するのか?また合流するのであればいつなのか?先日、TOBEの公式YouTubeチャンネルで「緊急告知」のあった10月15日なのか?について調査してみました。

また、「もしかするとTOBEには合流しないのでは?」という説もあるので、そのあたりも調査しましたので紹介していきます。

▶ すきすきワンワン! (DVD BOX)

目次

岸優太のTOBE合流はいつ?10月15日?

岸優太さんは、2023年10月15日(日)にTOBEに合流する可能性が高いと予想します。

その理由として以下のようなことが考えられます。

・岸優太さんは、2023年9月30日にジャニーズ事務所を退所後、2023年10月2日に個人事務所「株式会社KCC」を設立した

・岸優太さんの個人事務所の住所は、先にTOBEに合流した平野紫耀さんと神宮寺勇太さんの個人事務所と同じ住所

・TOBEの公式YouTubeにて、2023年10月15日(日)18:30よりYouTubeで生配信が行われる

・10月15日の15:00~20:00の間、平野紫耀さん・神宮寺勇太さんの共同ファンクラブサイトが、メンテナンスを行うと発表された

・以前にファンが「TOBE」アーティストページに飛んだらURLに「j.h.k」の文字列が確認された

以上のことから、岸優太さんが10月15日にTOBEに合流する可能性は非常に高いと考えられます。

サイトメンテナンスは明らかな匂わせですよね。平野さんと神宮寺さんのサイトメンテナンスを日中にするって不自然過ぎぎますね。

NEWS – 平野紫耀 / 神宮寺勇太 サイトメンテナンスのお知らせ | TOBE (tobe-official.jp)

また、ファンの「TOBE」アーティストページに飛んだらURLに「j.h.k」の文字列があったとなると、合流はほぼ間違いないと言っていいでしょう!

ただ、一部では「TOBEには合流しないのでは?」という説もあります。

それがどのような理由での情報なのかも調査してみました。

岸優太はTOBEへは合流しないという噂は本当?その理由は?

その理由を調査してみると、以下のようなことが挙げられます。

FC(ファンクラブ)のロゴマーク

S.Hirano / Y.Jinguji – OFFICIAL FAN CLUB | TOBE (tobe-community.jp)

ファンクラブのロゴマークが上記のように「HJ」と平野さんと神宮寺さんのイニシャルになっていることから、岸優太さんの合流はないのでは?と言われています。

ただ、10月15日にサイトメンテナンスが行われるので、ロゴマークも変わる可能性があります。

また、岸優太さんも会社を立ち上げているので、自社のロゴなどがあるのかも知れないので、別のファンクラブページが立ち上がるのかも知れませんね。

多彩な才能を生かすため

岸優太さんはこれまでに、アイドル活動だけでなく、映画やバラエティ・舞台など幅広いジャンルで活躍されてきました。

また、笑いも取れます。岸優太さんが持っている多彩な才能を生かすため、別の事務所とエージェント契約をする可能性がありますね!

「吉本興業と契約するのでは…」という声もあったようです。

ファンの声が後押し

TOBEをあまり良く思っていないファンもおり、岸優太さんの合流を望んでいない声もあります。

このように「岸くん、合流しないで欲しい…」というような声が挙がっています。

確かに岸優太さん本人も「色んな事に挑戦したい」と言ってるので、可能性は低いですが「合流しない」という可能性もありますね。

まとめ

今回は、2023年9月末でジャニーズ事務所を退所した元キンプリの岸優太さんがTOBEに合流するのか?また合流するのであればいつなのか?などを調査しまとめてみました。

調査してみた結果、YouTubeチャンネルで「緊急告知」があったように10月15日の合流が濃厚ではないかと予想します!

もしかするとTOBEには合流しないのでは?という説もありますが、「合流しない」というのは、岸優太さんのファンの声が大きいようです。

いずれにしても、10/15の18時30分から緊急生配信が行われるので、見ものですね。

また、岸優太さんも会社を立ち上げて新たな道に進むので頑張って欲しいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次